中嶋歯科医院
石川県金沢市東山3丁目5−10  
ご予約tel:076-251-5505 
休診日:日曜・祭日 
ホーム > 新着 歯科相談一覧 >下の親知らずを抜歯, 笑気ガスや静脈鎮静を用いて、緊張をとってあまり分からないうちに抜歯してしまう方法
マイクロスコープ精密治療
親知らず抜歯
顎関節症・かみ合わせ
口腔外科
小児歯科
審美歯科
ホワイトニング
費用一覧(保険適応外)
インプラント術前検査
保証制度
インプラント費用
インプラント体験談
最新インプラント治療
インプラント治療とは?
インプラントQ&A
無痛治療・痛くない治療
虫歯治療・正しい保険治療
無痛治療・笑気麻酔
インフォメーション
診療医師・スタッフ
地図・アクセス方法
オンライン歯科相談受付
新着 歯科相談一覧
リンク集

金沢インプラントセンター
インプラント10年保証
僕からのメッセージ

2008年9月27日 石川県金沢市 30歳 女性

下の親知らずを抜歯する予定です。
 親知らずは炎症を度々起こしています。
 大きさも普通の奥歯ぐらいの大きさで生えています。
 どんな方法で抜くかは分かりません。
 抜く時は静脈麻酔を使用しますが本当に痛みを感じないのでしょうか?
 また、麻酔が切れた後の痛みにがどれほどの痛さなのでしょうか?
 痛み止めがありますが痛みに弱い私は耐えられるのかとても不安で怖いです。
中嶋歯科医院の中嶋顕です。
 ご相談のメールありがとうございます。
 下の親知らずの抜歯ですね。周りの方からいろんな話を聞いて怖くなってしまうのはよく分かります。
 通常、親知らずの抜歯の際には十分麻酔が効いているので痛みを感じることはありません。
 麻酔が切れたあとは、多くの場合痛み止めが必要になります。ただし痛み止めを飲めば痛みはなくなりますからご安心ください。
 抜歯する歯の状態にもよりますが、通常は翌日かその次の日で痛み止めは必要なくなります。
 いままで炎症を繰り返しているとのことですが、抜いたあとの痛み(痛 み止めを飲まなかった場合ですが)はその時の痛みと同じくらいとお考え下さい。
 あなた様の場合普通に生えている親知らずとのことですので、完全に埋まっている親知らずに比べると、おそらく抜歯に時間もかからないし、抜歯後も痛みにくいと思います。
 それでも不安を感じる場合には、笑気ガスでの鎮静や静脈鎮静(点滴で行う)を用いて、緊張をとってあまり分からないうちに抜歯してしまう方法もありますので、担当の先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。

Copyright(c)2008-2012 金沢市,インプラント-中嶋歯科医院 All Rights Reserved.